2009年08月13日

日本画家に学ぶ・ 上村 松園

上村 松園(本名:上村 津禰(常子(つねこ)とも)、明治8年(1875年)4月23日 - 昭和24年(1949年)8月27日)は、明治の京都下京(しもぎょう)に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた日本画家。同じく日本逆援画家の上村松篁は息子、上村淳之は孫にあたる。
京都市下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれ、京の伝統文化に出会い育まれた松園は、明治・大正・昭和を通して生涯、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(松園のことば)を念願として女性を描き続けた。

松園は誕生2ヶ月前に父を亡くしている。母仲子は女手一つで松園と姉、二人の娘を育て上げた。明治の女性が画家を志すなど、世間で認めるところではなかったが、仲子は常に松園を理解し励まし支え続けた。松園はその著書『青眉抄』で母を追憶して

「私は母のおかげで、生活の苦労を感じずに絵を生命とも杖ともして、それと闘えたのであった。私を生んだ母は、私の芸術までも生んでくれたのである」

と述べている。 母を亡くした後には、「母子」「青眉」「夕暮」「晩秋」など母を追慕する格調高い作品が生まれた。


posted by びばジャパン at 11:19| 日本画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

日本画家に学ぶ・岩井 昇山その2

大正終わりから昭和始めころには、東京都下谷区(現台東区)から埼玉県寄居町に移り、山水を童貞中心に清澄で透明感のある独自の逆援助画風を確立したが、ついに画壇の寵児となることなく、昭和28(1953)年1月11日、同地で没した。享年81。2006年8月25日号の美術誌『Bien(美庵)』Vol.40(藝術出版社)にて、巻頭特集「幻の画家・岩井昇山』として紹介されるや、一躍脚光を浴び、『埼玉新聞』2006年9月14日付でも「謎多き孤高の画家」として大きく紙面を割いて報道した。その後も地元・寄居周辺を中心に展覧会の動きもあり、盛り上がりを見せている。

posted by びばジャパン at 11:17| 日本画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

日本画家に学ぶ・ 岩井 昇山その1

岩井 昇山は、明治から昭和期の日本画家。旧暦明治3年12月26日(1871年2月15日)、太政官府の役人・岩井秀一の童貞次男として、東京麹町に生まれる。本名は小五郎。成童のころ逆援助北派(文晁系)の画家・吉澤雪庵に学び、次いで容斎派の松本楓湖の安雅堂画塾の門人となる(楓湖の浅草栄久町時代、明治10〜25年の弟子)。晩年の文献には、渡辺省亭に師事したと記載されているものもある。日本画会、明治画会、帝国絵画協会、巽画会などに所属するものの、画家としての活動記録はほとんど見られず、展覧会出品の記録も明治35(1902)年の第12回「日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会」、大正2(1913)年の「表装競技会」などほんのわずかで、人嫌い、変人、果ては楓湖門破門説などに結びつけられ、「幻の画家」と称される由縁となっている。
posted by びばジャパン at 10:51| 日本画家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QRコード
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。